ホーム > コールセンター > インバウンドコール

インバウンドコール

マルチチャネルに低コストで対応。質の高いサービスとスピード化が、
消費者の“生の声”を、大きな“資産”に変えます。

インバウンドサービス

電話、FAX、Web、Eメールなどマルチチャネル化する顧客サポートは、
企業にとって大きな負担となっています。
トランスコスモスは40年の運用実績を背景に、
さまざまな業種/業態に合わせた
質の高いサポート体制を維持するのに加え、
いち早く自動化を進め、コスト削減にも貢献しています。
さらに、アウトバウンドなど売上拡大機能を付加することによって、
マーケティング戦略の一大拠点への変革を目指します。

インバウンドコール
問い合わせ対応を自動化し、コストを削減

高コスト化しがちなサポート業務に対し、トランスコスモスではテクノロジーでカバーできる業務は、可能な限り自動化を進めています。人間が行う業務は、より付加価値の高い仕事、つまり専門性の高い顧客対応データベースを活用したクロスセリングなど、スキル向上が期待できる領域に特化すべきだと考えます。全体のプロセスを見直し、業務を切り分け、徹底した効率化によってコスト削減を推進しています。

先端技術で消費者の“生の声”を“資産”へ変換

消費者の“生の声”は、アウトバウンドコールやインターネット広告など“攻め”のマーケティング活動のヒントが詰まった大切な“資産”です。コールセンターでは、複数のコンタクトチャネルからの情報をひとつの顧客データベースに集め、先端技術によってきめ細かく分析。売上拡大のヒントを抽出し、お客様企業にフィードバックしています。

先頭に戻る