ホーム > 企業情報 > 会社概要 > ご挨拶

ご挨拶

ゼネラルマネジャー

杉瀬GM(ゼネラルマネジャー)
プロフィール

2006年にトランスコスモス株式会社入社。
MCMセンター仙台駅前で大手移動体通信系企業のサポート業務を担当した後、2009年にセンター長としてMCMセンター仙台広瀬通の約600席を運営。
その後、仙台2センターのプロジェクトマネジャーとして、営業支援、業務立ち上げを担当し、スタッフの育成に注力。
2014年4月、トランスコスモスCRM和歌山のゼネラルマネジャーに就任。

ご挨拶

私たちは、コンタクトセンターを設立以来、様々なチャネルを用いて、お客さま企業が提供するサービスの価値をより高める活動や、運営コストの削減の支援をさせて頂いています。

私たちが提供するサービスにおいて最も重要な財産は「人」だと考えます。
コンプライアンスを重視し、高いサービス精神と、高い業務知識を兼ね備えるための研修プログラムが確立しており、マネジメントで人を育てることができます。
そして、様々なお客さま企業が提供するサービスの変化に対応し続けることで、全てのスタッフが日々成長することができます。

また、コンタクトセンター運営を支える最新のITも活用し、高品質のサービスを提供し、オペレーションの効率化をすることができます。

自然が豊かなこの和歌山県で、地元企業として皆様に愛され、雇用の創出や地域の貢献にも積極的に取り組み、社員とその家族を支え続ける会社であり続けるように努めて参ります。

社員からのメッセージ

新宅(オペレーションマネジャー)
働きやすい職場作りをめざして

わたしが管轄する部隊は、健康食品、通販会社、通信会社、カード会社などさまざまなクライアント企業様のお客様相談センターや受注センター、また購入者へのフォローコールやキャンペーン紹介等、クライアント企業様に代わってお客様との窓口をトータルサポートさせていただいております。
われわれの仕事はITが進んだ社会であっても「“人” 対 “人”」のコミュニケーションが勝負。
気持ち一つでお客様からお叱りを受けたり、購入いただけなかったりしてしまいます。現場を監督するSVや第一線でお客様と対応いただくコミュニケータのみなさんと、どうしたらサービス力の向上が図れるのか、どうしたら実績が上げられるのか、日々議論していますが、やはりそれは現場のみなさんがどれだけやる気を出せる環境を作るかだと思っております。
そのために現場のみなさんが働きやすい環境を作ることを第一に業務に取り組んでいます。

江川(品質管理)
「教えること」の喜びを感じる日々

現在はコミュニケーターの方のトーク品質をチェックする業務を担当しています。
人によってチェックしなければならないポイントは様々ですが、多様な視点が養われ、自分自身非常に勉強になると共に、「教えること」の喜びを感じる毎日です。
当社は研修が充実していますので、未経験者にも馴染みやすいと思います。
上司と部下のコミュニケーションも日頃から十分に取れていますので、風通しも良く、とても働きやすい職場だと思います。
思いやりのあるココロをお持ちの方なら、十分やっていけるお仕事だと思いますよ。